2016年12月14日
みなさん、ごきげんよう。


Club T2L へようこそ。
お相手は、私、蓉子です。

12月に入りましたね。

12月と言えば、クリスマスですね。
恋人たちの大切な月です。

それぞれの
かけがえのない大切な人と、
大切な時間を積み重ねて欲しいと
願わずにいられません。


そんな願いを秘めながら...

今宵も私と一緒に、
素敵なひとときを過ごしましょう。

それでは、
今日のオープニングです。

JUJU さんで Take Five です。
お聴き下さい...

Won’t you stop and
take a little time out with me,
just take five.
Stop your busy day and
take the time out to see,
I’m alive.
Though I’m going out of my way,
Just so I can pass by each day,
Not a single word do we say,
It’s a pantomime and not a play,
Still I know our eyes often meet,
I feel tingles down to my feet,
When you smile that’s much too discrete,
Sends me on my way.
Wouldn’t it be better not to be so polite,
you could offer a light.
Start a little conversation now,
it’s alright,
just take five,
just take five.
Just take five.


このナンバーは
非常にムーディーで、
私のお気に入りなのですよ。

さて、
今回は久しぶりに
書籍に触れたいと思います。


まずは「しまなみ誰そ彼」。



もしかしたら
図書館にあったかも知れません...
私が気づいてなかっただけかも...

今回は縁あって、
ネット上で
作者のインタビューを
目にする機会がありました。

その中で作者は言います。

「人は本当の意味で
理解し合うことは
絶対にでき ないと
考えるところから
スタートした方が、
気が楽なのでは」

これは私が
普段から思っていることです。
このインタビューを読んで
この作品を読んでみようと
思いました。

同性愛についても
少なからず触れられていますが、
私にはむしろこのシーンが
深く印象に残りました。
上記のインタビューにも
関わるところだと
思います。





「人は人を完全には
理解することは出来ない」

これはこの作品だけでは無くて、
結構前に出ているCLAMPの
「東京バビロン」の中で
皇 昴 君が言っていたことでも
あります。

若いころ、この作品を読んで
あのシーンに出会った時、
それまで感じていた
ヒトに対するモヤッとしたものが
すぅっと腑に落ちた感じが
したものです。

理解出来ないことを踏まえた上で、
相手を理解しようとする姿勢...
それが
大切なのではないでしょうか。

「理解出来ると疑わず
理解しようとする」

「理解出来ないという前提で
理解しようとする」

似ているようで、
導く結果は全く違います。

良く簡単に
「理解しようとすることが大事だ」と言われます。
ですが
「理解する」ということは本来、
それほど簡単にはいかないこと
ではないでしょうか。

この作品は
同性愛に焦点が
当てられていますが、
作者はむしろそのことを
伝えたかったのではないか...
私にはそう映りました。

続いては...
「理系が恋に落ちたので
証明してみた」です。



これは駅の広告を目にしてから
ずっと気になっていたものです。

何故かって?
それはね...
絵が好みだからです!

それだけ!\(^o^)/

ひたすら
ノリと勢いを楽しむお話かな。







そして最後はこちら。



「響(ひびき)」です。

書店でサンプルを手にとって以降、
気になって迷いに迷って
買ってしまった作品です。

小説が好きな女子高生のお話。

何故惹かれたのか、
読み進めていくうちに
分かってきました。

ヒロインの響(ひびき)が
まっすぐ過ぎるのです。
余計なことに囚われず、
ひたすら目の前のことに
集中する...

何者にも囚われない真っ直ぐさは
鋭い光を放ちます。

過度の純粋さは狂気を伴います。
それゆえ美しい輝きを放ち、
観る者を魅了する...


さあ、楽しい時間は
瞬く間に過ぎていくものですね。

今夜もお別れのお時間が
やってきてしまいました。


今夜は 3作品について触れました。



あなたの心には、

何が残りましたか?


また次回、
素敵なひとときを
ご一緒しましょう。


それでは、お休みなさい。
posted by t2library at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵書紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178040986

この記事へのトラックバック