2015年11月22日
みなさん、ごきげんよう。

蓉子です。


今月18日、
NHKのクローズアップ現代
という番組で
同性婚が取り上げられました。



今月5日に
パートナーシップ証明書が
発行されるなど
同性婚に関して、
明るいニュースがありました。

その一方で、
負の側面も確実に存在します。

その「負の側面」について
焦点を当てられた
番組内容でした。

番組の冒頭のほうで
以下の言葉が
ナレーションで流れました。

「親も認めるのが難しい
同性カップル」

親も認めるのが難しいのに、
社会が認めるのは
さらに難しいという
文脈だと思います。

これには違和感を覚えました。

私は逆なのではないかと
思うのです。
社会も認めるのが難しいのに、
親が認めるのは
さらに難しいというのが
実情なのではと
感じています。

また、
同性婚への反対意見も
取り上げられました。



・少子化の助長
・家族制度が崩壊する

というものでした。

正直、
私はこの理由を聞いて
混乱しました。

少子化が起こって
問題となってきたのは
「同性婚を認めていない社会」
でのことのはずで
同性婚は関係無いということ、
家族制度の崩壊については、
DVや虐待が
大きな社会問題に
なっている時点で
すでに現行の家族制度では
対応しきれなくなって
きているのではと
思うのです。

私は現行の制度下における
家族というものに
疑問を覚えずにいられません。

血のつながりがあるから
家族なのでしょうか?
私はそうは思えません。

そこに信頼関係や心の安らぎ、
安心感が無ければ
家族とは言えないのでは
ないでしょうか。

その意味で、残念なことに
私にとって実の親は
家族ではありません。

この図書館のメンバーが
今の私にとっては家族です。

レズビアンカップルのケースでは、
母親からの手紙が紹介されました。
「普通に男性と結婚すると思ってた」と記されていました。
「お父さんには言えない」とも。

ゲイカップルのケースでは、
看取りについてでした。



「亡くなったあとに、みんなの前で
泣き崩れることの出来る人を
羨ましく思います」

想像出来るでしょうか?
泣き崩れることが出来る幸せを。
泣き崩れることの出来ない
苦しみを。
哀しむことの出来る幸せを。
哀しむことの出来ない苦しみを。

感じますか?
この闘いの哀しさが...

視えますか?
この闘いの向こうにある平和が...

これは、
みなさんに突きつけられた
問題提起です。



最後に、
このシーンを提示して
閉めたいと思います。



好きな人と一緒にいたい...

ただ、これだけなのです。
posted by t2library at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168333750

この記事へのトラックバック