2015年10月13日
みなさん、ごきげんよう。

蓉子です。


さて今回は、
コミックのご紹介です。

某書店さんで見つけたのですが、
私のセンサーが反応したので
読んでみました。

細胞の擬人化マンガです。



みなさんご存知の、
赤血球とか白血球とか血小板とかが
出てきて、私たちの身体の中で
一生懸命に働いている姿を描いた
お話です。

マスト細胞とかキラーT細胞とか
いろんな細胞さんが登場して
すごく面白いですよ♪

個人的には
マクロファージさんが一押しです。
笑顔でナタで敵を一刀両断する姿に
惚れました。



身体のことを楽しみながら
お勉強にもなりますよ。

血小板も可愛い♪

インターロイキンとか
プロスタグランジンとか
登場するとしたら
どんな感じになるのかな...

見てみたい...
posted by t2library at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵書紹介